電場の測定

実際に、ノートパソコンの電場を測定してみます。




私が使っている測定器(Fauser社製 Fieldmeter FM10)では、写真の黒い棒の先端面(赤矢印部)が電場センサー部なので、測定対象にその部分を当てて測定します。

電場の値には、V/m(ボルトパーメートル)という単位が用いられます。




まずはコンセントにつながず、内蔵バッテリーで電源ONの状態での電場を測定。

内蔵バッテリーは直流なので、パソコンからは電磁波は発生していません。




この時のパソコン表面の電場は、26V/m。




そこから横に15cmずれた机の上の電場は、23V/m。




この状態で両手でパソコンに触れているわたしの身体の表面の電場は、42V/m。




次に、パソコンに充電コードをつないだ状態での電場を測定。

コンセントからの電気は交流なので、パソコンからは低周波の電磁波が発生しています。




この時のパソコン表面の電場は、593V/m。




そこから横に15cmずれた机の上の電場は、129V/m。

パソコンから発生した電場が、机の表面まで伝わっているのが確認できます。




この状態で両手でパソコンに触れているわたしの身体の表面の電場は、 562V/m。

パソコンから発生した電場が、手から身体に伝わっています。




ちなみにこの時、パソコン表面から10cm上に離れた位置の電場は、78V/mまで下がります。

電場は空気中を伝わる力はそれほど強くはありません。