旅をする木

何がきっかけでこの本を知ったのか忘れてしまいましたが、星野道夫さんの『旅をする木』を読了。










アラスカで写真を撮りながら、その土地の自然と人々の営みを著者の目線で綴ったエッセイ。

オーロラがキレイだとかではなく、移りゆく季節、人も含めた生き物の生と死を含めたアラスカでの暮らし全体を、観察者の目線で静かに捉え、表現する。

言葉によって「盛った」表現でない分、素朴で、穏やかな文章。

であるがゆえに、スッと心に入ってきて、描かれた情景がひとりでに浮かんでくる。




タイトルの由来となっている、枯木が流された後の様子について書かれたエッセイを読んだ時は、心がじんわりと温かくなりました。

「結果」や「成功」や「失敗」って、人がある時点を切り取った時のジャッジであって、実際は連綿と続く「流れ」があるだけなんだよなあと。

人がこれを観念的に語ってもなかなか染み込んでこないのに、自然の有り様を例示されるとこんなにも伝わってくる。

久々に、人に勧めたくなるような本でした。