fukan3

例えば「お金がほしい」といつも思っている2人がいるとします。

そしてその2人が、それぞれ100万円ずつお金を手にしたとする。





そのうちのひとりは、そのお金を元手に嬉々として欲しかったものを買い、

買ったものを用いて日々の生活をより愉しみ始める。

その人にとっては、「お金がほしい」は必要ベースの思いだったわけです。

だから必要分のお金が実際に手に入れば満足し、「お金がほしい」はおしまい。





ところがもうひとりは、100万円を手にしてもまだ「お金がほしい」と言う。

それどころか、さらに1000万円、1億円を手にしたとしても。。。

で、その人の内面をのぞいていくと、無意識の「不安」にたどり着いたりする。


この人にとっては、「お金がほしい」という思いは、不安ベース。

言い換えれば、無意識の「不安」を「お金がほしい」という思いとして投影している。

だから手にする金額の多寡にかかわらず、その思いは消えない。

「お金がほしい」の思いの原因に、お金はまったく関係していないとすら言える。









他人がその姿を見ていると不思議に思うかもしれないけれど、当の本人にとってはしんどくて大変なわけです。


こればかりは、本人が自分で自分の内面を俯瞰し、気づくしかない。


本人が望むのであれば。