願い1

願いって、


願ったことがそのまんま実現することが素晴らしいっていうのが一般的。






…でも最近、ほんとにそれだけかなという感じが。






・その願いが叶うことで得られるものは、もう必要のないものだった



・その願いが叶うことが、むしろデメリットをもたらすものだった



・その願いが叶うことよりも、もっとメリットのあるシナリオがあった



・その願いが叶うことで得られることの本質は、過去の別のできごとである意味叶ってた


etc…






「起こることに偶然はない。100%必然」ってことが自身の中で名もなき第一法則化している場合、


がんばってポジティブ・シンキングで、


とかするまでもなく自動的に上述のような思考パターンになっている。


ほんと、自動的に。






そりゃあ、瞬間的には「ああ、そっか…」くらいのおセンチな気分にはなっても、


モウオワタとかンダヨチクショーとかって風にはもはやならない。


なり得ない。






そしてたぶん、


この思考パターンの差は限りなく大きい。






いつも不満そうで舌打ちばっかしてそうな人と、


いつもニコニコでごきげんさんみたいな人とで、


両者が醸し出すgrooveが明らかに異なるように。






…まあ後者は「逆groove」という表現の方が適切かもだけどw