みりん

みりんについても、醤油と同様にポイント3つを挙げてみました。


・原材料


・品目


・容器の材質



1.原材料

昔ながらのみりんの原材料は、

「もち米」・「米こうじ」・「アルコール(焼酎や醸造アルコール)」

の3つ。

なので、素直にこれだけを使っているものを選んでいます。



2.品目

「本みりん」か「みりん風調味料」に大別されます。


「みりん風調味料」は水あめとか色々な原材料を調合したもの。

みりんとは原材料も製法も異なるので「風」が付きます。


本みりんであれば14%前後あるアルコールが1%未満なのも特徴です。

上述のシンプルな原材料になる本みりんを選んでいます。



3.容器の材質

瓶入りかペットボトル入りがほとんどですが、

やはり酸化のしにくさの点で長期保存に適した瓶入りを選んでいます。




——–




我が家では、相生ユニビオさんの「古式本みりん」を購入しています。


国産のシンプルな原材料で作られており、価格も割とお手頃なので。