正念場

オリンピックの高揚感が過ぎてみると、やれコロちゃんガーとか大雨ガーとか、不安を煽るような話ばかり。




敏感な人は他人の想念も感じ取れちゃうので、自分は大丈夫と思っていても知らず知らずのうちに「みんな」の不安を拾ってそちらの方向に傾いちゃうってことも。




節目」は誰にとっても平等なので、自分がどの方向に傾いているかはすぐに分かる。




自分を静かに省みる習慣を持つ方であれば。







正念場って、読んで字の如く正しく念ずる場のこと。





傾きに気づいたら、「大丈夫」なり、「なんとかなるさ」なり、自分なりにしっくりくる想い方ですぐに校正すればいい。





中庸を保つための、そういう時こそが、正念場。