回帰不能点5

そうした変化について、ちょっぴりおセンチな気はするけれども特に悲観はしていません。

もともとひとりが好きだし、ともだちたくさんを求めるタイプではないので。



逆に、そうした中でもご縁あって今つながっている方、またこれからご縁をいただく方との関係を温めていくフェーズなんだろうなと前向きに考えています。






最後の宴も、マイプランを淡々と進める傍でつまみ食いを適度に楽しみながら過ごしていく予定。

10年後にまた味わってみたいなあと思ってももはや叶わない、とりわけ物質面において豊かな今のこの文明を味わうことのできる最後の数年間なのだから。




どっぷり浸かるもよし、完全スルーするもよし。

大枠のシナリオを理解した上で、自分に素直に、感じるままに過ごすのがベストと思います。




な〜つくさが〜(笑)