回帰不能点3

政策面の「上げ」への仕込みも着々と




4回目の手前縮小営業中のアレも、その後はきっと大々的に。





有観客か無観客かって、もちろん関係する方々にとってはものすごく大きい話なわけですが、ある種の方々にとってはどちらでも同じだったりします。

開催した、という事実のみが必要な方々には。





閉会後、あるいは遅く見ても、意味深な長期間の4回目が終わる時がタイミングかなと思います。

もう後戻りできない、最後の宴の静かな号砲の。