春蒔き2

1年ちょっと前、家から2kmの距離に家庭菜園を借りられたので、気合いを入れて固定種の種は結構買ってたんですよね。
もちろん埼玉ですし、あのタネ屋さんから。

でも去年は1月に畑を借りた早々、あれやこれや仕事でありがたいことが続いて耕作どころではなくなり、片手間で葉物の育苗をしたら徒長させて全滅、エダマメをちょっと畑に播種したのも放置プレーでカメムシにより壊滅、でシーズン終わってしまっていました。

ので冷蔵庫保管しておいた余りのタネのどれを使おうかなーと品定め。
ナスとかトマトとか、the夏野菜でいきたいけれど、どー考えても露地では発芽適温にならない。
考えた挙げ句、とりあえずカボチャとレタスの苗を今から作ってみようと。

育苗土もモノによっては産廃と紙一重なので、考えだすと「もう少し吟味してから」の材料が溢れ出すけれど、「まず動く」と決めているのでコメリで売っているので妥協。

レタス育苗用のプラグトレイも、128穴のが売り切れていて72穴ので妥協。
まあレタス農家やるわけじゃないし、72苗あったら十二分なわけで。

当面の週間予報を見ると、最低気温もだいぶ底上げされるようですが、はてさて。。