春播き1

5月でも霜が降りるよとご近所さんに言われていたとおり、4月下旬になっても朝方は0℃になる日がちらほら。

そんな日は、桜が散り始めたにも関わらず水道管の凍結防止帯の電源を入れようか判断が入ります。
防止帯の電気代はハンパないっすからね。
でも水道管凍結させたら電気代どころじゃなくてシャレにならないっすからね。
自然と気温に敏感になります。

てなわけで、春播きの時期もいつがいいか手探りです。
育苗までやり出すとハウスもないから温度管理できないしなーとか、5月も霜が降りるって言うしなーとか、思考に任せておくと「またあとで」の材料のオンパレード。

キリがないので、まず動くと決めます(笑)
あるもの好きに使っていいよと家主さんに言っていただいている倉庫を見ると、なんとマルチまである。
というわけで、まずはカブとカボチャ用のマルチ張りからするかと。

合計で15mくらいの畝を鍬で立てるだけで、普段使っていない筋肉を使った感満載(笑)
奥さんにもマルチ張る時に手伝ってもらい、割とサクッと完了。

2週間くらいこのままにして、GW明けに播種&定植しよう。