ギアチェンジ3

頑張りすぎないって、少なかなぬ方にとって重要なテーマだと思います。

それは決して、努力を否定しているのではありません。

努力していることが負担に感じられてきたら、それが頑張りすぎのサイン。

頑張りすぎていなければ、当のご本人が負担に感じませんから。

いわゆる「夢中」の状態に近いと思います。

逆にサインを感じたら、ペースを落とすなり休息を取るなりといったケアが必要。

腹落ちするために一度は試してみるのもよいかもしれませんが、そのまま突っ走ってもけっしてよい結果は訪れませんから。

ギアを上げつつも、そうした自身のコンディションにも気を配って自分でアクセルの踏み方を調節する。

もちろん享受する結果は自分の責任。

私はそれを、自由と呼びたい。

その試行錯誤のプロセスこそ、人生の醍醐味と言いたい。