2月のはぐくむ会

昨日の2月のはぐくむ会にご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。 ずいぶん前に今月のテーマの本に目を通したけれど、今回は再読できなかったという方のお話を聞いた時、きっとこの方は再読する必要がなかったんだろう…

捨てる2

一日一個何か捨てていると、捨てるきっかけを提供してもらえることもあります。 先日、3年近く愛用していた茶碗を処分しました。 我が家の大半の食器の作られた町で自分で絵付けをして焼いてもらった茶碗だったのでとても気に入ってい…

捨てる1

一日一個、何かを捨てているのでかれこれ50個は捨てたことになります。 捨てると言っても、もう使わないのに引き出しに入れっぱなしの書類とか肩肘張らずにポイっとできるものが中心です。 「今日も何か捨てなきゃ」なんて負担感が出…

おすし

週末に外出から戻った時に、娘がしきりにお寿司が食べたいと連呼していました。 娘の言うお寿司とは、車で20分ほど走ったところにある回転すし屋のこと。 一皿100円みたいなお店には行くことはありませんが、ここならおおよその食…

日の出

サンライズと銘打つだけあって、寝台列車から見た(熱海あたりの)太平洋の日の出は格別でした。 でも同じくらい、家の近くで見られる日の出も好きです。 昇り始めてから10分も経つと眩しくて直視できないけれど、この10分間を見届…

山陰5

今回の旅行は、雪降る地域の暮らしを始める自分たちへのメッセージを多く含んでいるなと感じました。 ・寒冷化が進む中、長距離の物流はこれからも滞る ⇨ 目の前でトレーラーがいきなりUターン始めたかと思うと途中で動けなくなり、…

山陰4

鳥取砂丘は、市街地から車であっという間。 なかなかお目にかかれない(?)、雪の砂漠でした。 ほら、掘ったらちゃんと砂が出てくる(笑) しばらく子供たちと雪あそびをした後、個人的には今回の旅行のメインであるとあるベーカリー…

山陰3

鳥取の中心街にある温泉宿に泊まって翌朝出発前の車を見たら、レンタカーが雪に埋もれてた(笑) 軽く15cmは積もってるなこりゃ。 宿の方にブラシをお借りしてひたすら雪をかき、タイヤの周りの雪もどけてようやく出発。 市街地の…

山陰2

寝台列車が倉敷を出て鳥取との県境に向かうにつれて、好天がどんどん曇天になり、やがて吹雪へ。 山陰に入ってからは晴れ間が見えたり、吹雪いたりと不思議な天気の繰り返し。 出雲市駅に降り立ち、レンタカーを借りて出雲大社に行った…

山陰1

生まれて初めて、寝台列車に乗って山陰へ。 息子も感無量でソワソワしてたけど、とーちゃんもワクワクしてた(笑) うわー「でんしゃのずかん」で見たサンライズ出雲のホンモノだー、って。